+プレゼンテーション機能

ITクリエイターの「つくろう」や「つくった」を発表する場で、日頃の創作活動にて生まれたモノやコトを記録、登録するWEBサイト「ProtoPedia」のちょっと便利な使い方になります。

プレゼンテーションモードを使えば、登録内容をつかってそのままプレゼン可能です。

1.基本設定

1-1:作品編集画面で「スライドモード」にチェックする

1-2:チェックすると作品ページの右側に「プレゼンテーションを開始する」ボタンが出現します。

1-3:ボタンを押すと、プレゼンテーションモードに切り替わります。   例)https://protopedia.net/prototype/slide/1946#/

<プレゼンテーションモードの構成> プレゼンテーションは、ProtoPediaで登録した「」にある情報を、以下のような順序で表示していきます。 ①表紙:「作品名」と「チーム名」を表示  + ②作品説明:「ストーリー」入力部分を表示  + ③システム構成:「システム構成画像」+「システム構成説明文」を表示

2.プレゼン資料の作成

ストーリーやシステム構成説明文は「markdown」や「html」にて記載ください。

・markdown によるプレゼン資料の作成 セクション(ページ)の区切りは --- で区切ります。(前後に空行が必要です) その他はこちらを参照ください。 ・htmlによるプレゼン資料の作成 マークダウンで表現できない、画像サイズの調整などは、html記法で作成ください。

・その他 背景色の設定の設定も可能です。 <!-- .slide: data-background="#000000" -->

例えばこんなかんじです。

<!-- .slide: data-background="#de1241" -->
ヒーローズ・リーグ オンライン2020にエントリーされた全ての作品を使ったビンゴゲームです。
---
<!-- .slide: data-background="#de1241" -->
### 応募作品を使ってビンゴを実施!
<img src="https://we-are-ma.jp/wp2/wp-content/uploads/2020/11/image.png" alt="BINGO" height="300">
ヒーローズ・ビンゴは、自分が選んだ作品をうめていき、受賞したらあなをあけられます。縦、横、斜めにそろったらビンゴ!

実際のスライドの見え方はこちらを参照ください。 https://protopedia.net/prototype/slide/2089#/

*TIPS* 画像のアップロード先にお困りの方  >GitHubを利用する

3.PDF ファイルでのエクスポート

  1. print-pdf をクエリ文字列に含めてプレゼンテーションを開きます。

 例:https://protopedia.net/prototype/slide/2089?print-pdf

2.ブラウザ内の印刷ダイアログを開きます(CTRL / CMD + P)。

3.[保存先]設定を[ PDFとして保存]に変更